HOME > 顧問コラム

顧問コラム

東京臨海病院 顧問 山本保博の救急災害対応コラム
救急車の呼び方やAEDの使用法、地震などへの対応をコラムでご紹介しています。
第4回 冬になると火災が多発する(火災を発見したらどうすべきか考えてみたい)
初期消火のやり方

(1)火元を消す






(2)立ち上がる火から消す

※ 床と壁なら壁から消す




(3)火が消えても油断しない






火災(消火・バケツの使い方)

消火器の使い方

(1)消火器を持って火の近くによる
 ●屋内ならに逃げ場を確保し、出入り口を背に
 ●屋外なら屋上から接近




(2)安全ピンを引き抜く
  安全ピン(安全栓)を指で引き抜く
  ないタイプもある

(3)ホースを外す
 低い姿勢で、火元にホースを向ける

(4)レバーを握る
 ●一気に消火剤が噴射されるので、ぶれないようにしっかり持つ
 ●煙や炎に惑わされないよう、火元に吹きつける(壁に伝わっていたら壁から)
 ●約14秒で噴射は終わる


消火器の種類

消火器は3種類のシールの色で用途が表示されている。通常家庭や事務所にあるものは3タイプ併用。
 ■白:普通火災用(新建材、木材、繊維など、燃えやすいものに)
 ■黄:油火災用(ガソリン、シンナーなどの液体、グリースなど半固体の油脂類)
 ■青:電気火災用(電気器具、機械類、感電のおそれがある電気施設)

三角バケツの使い方

東京消防庁が開発した防災用バケツ。内部に間仕切りがあり、なかの水を数回にわけてまくことができる。

(1)バケツを抱え腰に引きつける
(2)反動をつけて水を押し出すように、火に放つ
(3)水は、5〜6回にわけて出るようになっている


状況別・初期消火の仕方

⇒天ぷら油に火が入った

 @ガスを止め、元栓を締める
 Aぬれシーツやぬれ雑巾をかぶせたり、植木鉢の土をかける
 B蓋を手前からおおうようにかぶせる
      

⇒電気器具から火が出た

   @コードをコンセントからはずし、電源を切る
   A水をかける
   ※電気こたつの場合、こたつふとんをはがさず、ふとんの上から水を
      

⇒石油ストーブを倒した

   @雑巾などで手を保護して引き起こす
   Aコックを締める、スイッチをオフにする
   B燃え広がったら、毛布やふとんなどでおおう
   C水をかける
      
   
火災(避難)
 

火事からの避難の仕方

 @すばやく避難

 ※ 避難するときはドアを閉めながら
      
      
      
      

 A引き返さない

  ※ ベランダの横壁を破って逃げる
    (壊れやすくできている)



煙のなかの逃げ方

 @ぬれタオルやハンカチで口や鼻を押さえる
 A靴をはく






 B姿勢を低くする
 C階段ではすみに鼻を突っ込むように
 D呼吸は鼻から、小さく
 ※ 階段に残っている空気を吸いながら降りる


火災(救命処置)

負傷者の処置

 @負傷者を安全な場所に移す
 A意識や呼吸・脈の有無を確認する
 Bやけどの状態を確認する
 Cけがの応急処置をする


消防車・救急車が来るまで
  ●負傷者、病人、高齢者、子どもを優先に、安全なところに避難
  ●家族がそろっているか、確認する
  ●救急隊員から電話で、負傷者の応急処置の方法を指示されたら、落ち着いてしたがう
  ●現場がわかりにくい場合、わからいやすいように通りや近所に案内人を

消防車・救急車が着いたら

 ●逃げ遅れた人がいたら、いち早く知らせる
 ●火元やその他のわかっている情報を伝える
 ●消防隊の指示にしたがう
 ●消防隊の消火や救助のじゃまにならない場所にいる


携帯電話で119番通報をした場合

携帯電話から119番にかけると、現場以外の消防本部につながることがある。その際は、落ち着いて次のように対応する。
 ■通報している場所の住所と携帯電話番号を伝える
 ■最寄の目標物などを詳しく説明する
 ■最寄の消防本部へ転送された場合は、電話を切らずに待つ
 ■通報後しばらくは携帯電話の電源を切らずに、現場近くの安全な場所で待機する

バックナンバー