HOME > 部門紹介 > 視能訓練室

部門紹介

診療チーム

視能訓練室

診療内容・特徴

私達「視能訓練士」は昭和46年に制定された視能訓練士法という法律に基づいた国家資格を持った医療専門職です。

視力検査・眼圧検査などの一般的な検査と斜視や弱視に関する専門的な検査を行っています。

視能訓練士による検査
一般検査
視力検査・眼圧検査・屈折検査・調節検査・角膜曲率半径検査・動的視野検査・静的視野検査・色覚検査・涙液検査・電気生理学検査・角膜内皮細胞検査・眼底写真撮影・眼底造影撮影・光干渉断層計による検査・眼鏡処方のための検査など
専門検査
調節麻痺剤による精密屈折検査・両眼視機能検査・眼位検査・眼球運動検査など
検査室
暗室検査室
資格
(平成26年4月現在)
資格名人数
視能訓練士2
その他

眼は器官そのものが小さいため、異常の有無を調べる検査と異常がある場合は進行していないかを調べるたくさんの検査があります。症状はお一人お一人違いますので、その方に合った検査を医師が組み合わせて視能訓練士が行っていきます。

痛みを伴う検査は少ないのですが、お時間のかかる検査もありますので「ご協力いただく」・「一緒に頑張る」という気持ちで日々検査を行っています。

数年前までよくわからなかったことが検査機器や技術の進歩により解明され、次々と新しい治療法が提唱されます。そのため私達視能訓練士も日々学び続けます。