HOME > 部門紹介 > 心理判定課

部門紹介

診療チーム

心理判定課

診療内容・特徴

心理判定課では、メンタルクリニック・小児科・脳神経外科・神経内科・緩和ケア内科・消化器内科などの医師から依頼を受けて心理検査(知能検査・性格検査・高次脳機能検査・記銘力検査等)および心理面接を行っています。年齢層は幼児から90歳台まで幅広い方々が利用されています。
相談内容としては、言葉の遅れがある、落ち着きがない、学校・職場に行けない、身体的検査をしても異常が見当たらないが腹痛・嘔気・頭痛等の身体症状がある、不安感が強い、物忘れ、病気(ガン)にまつわる色々な不安がある等様々です。検査結果は医師からお伝えしていますが、検査をすることでご自分の特徴を客観的に把握することが出来、今後の対応に役に立ったというケースが多々ありますし、継続面接を通して症状が改善していったケースもあります。
心理判定課を利用される場合は、まず各科医師の診察を受けてご相談下さい。

資格
(平成26年4月現在)
資格名人数
(財)日本臨床心理士資格認定協会 臨床心理士2