HOME > 診療科紹介 > 耳鼻咽喉科

診療科紹介

診療科目

耳鼻咽喉科

外来診療スケジュール表
診療内容・特徴

耳鼻咽喉科が診療する領域は、聴覚・平衡覚・嗅覚・味覚を司る耳・鼻・舌という重要な感覚器が含まれ、さらに呼吸をし、食物を摂食、そしゃく、嚥下し、また発声・構音するという機能を有した口腔・咽頭・喉頭という運動器官が含まれます。つまり、ヒトとしての生活を彩る大変重要な感覚器官・運動器官を有する領域の疾患を受け持つ科であるといえます。当科では、その耳鼻咽喉科全般について診療を行っています。

診療対象疾患
耳疾患

滲出性中耳炎(特に小児の難治症例)、難聴(突発性難聴、メニエール病など)、めまい、顔面神経麻痺、先天性耳瘻孔、慢性・真珠腫性中耳炎、補聴器など。

鼻疾患

慢性副鼻腔炎、術後性頬部嚢腫、鼻中隔弯曲症、アレルギー性鼻炎、肥厚性鼻炎、嗅覚障害、小児副鼻腔炎、鼻ポリープなど。

咽喉頭頸部疾患

急性扁桃炎、扁桃周囲膿瘍、慢性扁桃炎、病巣扁桃、扁桃肥大、アデノイド増殖症、声帯ポリープ、ポリープ様声帯、喉頭腫瘍、反回神経麻痺、嚥下障害、唾液腺炎、唾石、頸部リンパ節炎など。

その他

睡眠時無呼吸症候群


めまい・難聴の診断に関しては高度な精密検査を行っております。耳音響放射検査などの内耳機能検査、聴性脳幹反応などの脳幹レベルの検査、電気眼振計、重心動揺検査などの平衡機能検査により適切な診断を行い、治療、リハビリテーションの方針に役立てています。

睡眠時無呼吸症候群は大きないびきを主な症状とする疾患です。特に咽頭腔が狭窄して呼吸障害が起こります。小児においては扁桃腺の肥大が大きな原因となり、手術が有効であれば積極的に行ないます。成人では、狭窄の原因は多岐にわたりますのでそのリスクを検討し、適切な対応をします。特に鼻閉は睡眠中の安定した呼吸の妨げになるばかりでなく睡眠の質を低下させると考えられ、手術も含め積極的な治療を行います。

手術治療は慢性副鼻腔炎・術後性頬部嚢腫などに対する内視鏡下鼻内手術、肥厚性・アレルギー性鼻炎に対する鼻中隔矯正術・下甲介粘膜切除術、慢性扁桃炎・病巣扁桃に対する扁桃摘出術、声帯ポリープなどに対する喉頭微細手術、小児に対する扁桃摘出術・アデノイド切除術、難治性滲出性中耳炎に対する鼓膜チューブ留置術、先天性耳瘻孔摘出術などを中心に行っています。
ただし、上記の中でも当科での治療が困難な場合は他施設へ紹介させていただくこともございます。

診療実績
平成28年度外来統計
456789101112123
新患 159 207 167 166 179 164 163 154 148 166 154 176 2,003
再来 919 864 928 908 944 914 947 889 1,018 907 918 1,018 11,174
合計 1,078 1,071 1,095 1,074 1,123 1,078 1,110 1,043 1,166 1,073 1,072 1,194 13,177

平成28年度入院統計
456789101112123
入院 230 146 251 243 355 289 233 137 248 239 252 318 2,941

平成28年度手術件数
手術件数(総数) 249件
内視鏡下鼻内手術 66件
扁桃腺手術(アデノイド含む) 152件
気管切開術 4件
鼓膜形成術 7件
頸部良性腫瘍手術 14件
専門外来
・無呼吸外来
毎週木曜日(午後) 予約:要

睡眠中に大きないびきを毎日のようにかいている方は、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。小児においては成長に関係し、成人では睡眠の質の低下や呼吸障害の結果として、生活習慣病との関連も深いことがわかっています。原因は多岐にわたりますが、耳鼻咽喉科の立場から診療を行います。

スタッフ紹介
鈴木理恵

医長
鈴木 理恵【すずき りえ】

出身校
平成12年 杏林大学卒業
専門領域

耳鼻咽喉科全般、中耳炎、難聴

永井

医員
永井 萌南美【ながい もなみ】

出身校
平成24年 東京医科大学卒業
専門領域

耳鼻咽喉科一般

教育活動・学会活動・研究業績

当院の耳鼻咽喉科は日本耳鼻咽喉科学会の専門医研修施設に認定されております。研修医や専門医を目指す医師の教育可能な施設です。当院の耳鼻咽喉科は日本耳鼻咽喉科学会に所属しており、学会関連への参加を積極的に行っております。

外来診療スケジュール表