栄養科Nutrition

栄養科

診療内容・特徴

入院中の食事

栄養科では、全ての患者さんに「安全で安心できるおいしい食事」の提供を努めています。診療部門や他部門と連携し、治療上制限の必要な患者さんへ、個々の栄養状態に対応した治療食を提供しています。また、管理栄養士が適宜病棟へ出向き、お食事を召し上がっている患者さんの声を直接伺い、治療食の質の向上・形態調整を行っています。栄養面だけでなく、味、彩り、季節感を考えて、お食事の提供をしています。

行事食

ご入院中でも、季節感を感じていただくため、行事食を献立に取り入れています。

主な行事食
1~4月 正月献立、七草粥、節分、ひな祭り
5~8月 こどもの日、七夕、土用の丑
9~12月 お月見、体育の日、文化の日、冬至、クリスマス、大晦日

上記以外にも、夏の献立(6月~9月)、小児病棟での「おやつの行事食」も提供しています。

節分
節分
バレンタイン
バレンタイン おやつ
ひな祭り
ひな祭り おやつ
昭和の日
昭和の日
子供の日
子供の日
七夕
七夕
七夕キッズ
七夕 キッズプレート
土用の丑
土用の丑の日
お月見
お月見 おやつ

ペースト食

食べやすさ、飲み込みやすさを考慮したペースト食の提供をしています。主食は離水に配慮した「ゼリー粥」、副食は均一でなめらかな「ゼリー状」、「ムース状」、「ヨーグルト状」のものを組み合わせ、全て舌でつぶせるやわらかさです。安心して美味しく食べていただけます。当院のペースト食は、日本摂食・嚥下リハビリテーション学会嚥下調整食分類2013(食事)での分類 コード3 「嚥下調整食3」の区分になります。


ペースト食

治療食

治療効果を高めるための治療食も、彩り、季節感を考慮しています。


エネルギーコントロール食

栄養相談

入院・外来患者さん及びご家族へ、医師の指示に基づき、患者さんの症状や食習慣にあわせて、実践できるような食事の取り方、調理方法などのアドバイスを継続的にさせていただいています。
希望の方は担当医師、看護師、管理栄養士までお申し出ください。

実施日毎日(年末年始除く)
予約可能時間右表参照
所要時間初回30分
2回目以降20分
予約必要
費用保険適用
場所1階 看護・栄養相談室
(レストラン前の部屋)
 予約可能時間
(都合により変更あり)
午前 10:30~
 11:00~
 11:30~
 12:00~
午後 13:30~
 14:00~
 14:30~
 15:00~

院内連携活動・啓蒙活動

患者さんの栄養、食事管理に関わる様々な場面で、各部門と連携を取り、各種チーム医療、食事療養啓蒙活動に携わっています。

  • 糖尿病教室
  • 世界糖尿病デー
  • キャンサーカフェ
  • 区民公開講演会
  • チーム回診(NST、褥瘡、緩和ケア)

世界糖尿病デー

資格

(平成29年4月現在)

資格名人数
管理栄養士(NST専門療法士4名、糖尿病療養指導士2名含む) 5
調理師1

その他

施設基準:入院時食事療養(I)

平成17年 6月 NST(栄養サポートチーム)活動開始

平成17年12月 東京都食品衛生自主管理認証制度の認証(平成26年1月更新)

平成19年 9月 日本栄養療法推進協議会施設NST稼働施設認定