HOME > 診療科紹介 > 消化器内科

診療科紹介

診療科目

消化器内科

外来診療スケジュール表
診療内容・特徴

消化器内科では、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸などの消化管の病気及び肝臓、胆嚢、膵臓などおなかの臓器の病気を扱います。病気を早期診断し、患者さんの生活の質を第一に考えながら治療を行うことを最大の目標にしています。このために内視鏡、超音波、X線、CT、MRIなどを駆使し、診断、治療にあたっています。

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)ではご希望の方には鼻から行う内視鏡(経鼻内視鏡)を行っています。2013年からヘリコバクター・ピロリ菌の除菌治療が事実上、すべての患者で保険適用になり除菌治療感は以前に比べて2倍以上に増えました。ただし、半年以内に上部消化管内視鏡検査を行っていることが条件になります。大腸内視鏡検査はご希望の方には鎮静剤を使用し、苦痛のない内視鏡検査を目指しています。またポリープ切除は日帰り手術も行っています。早期の食道癌、胃癌、大腸癌は内視鏡での治療を積極的に行っています。特に早期胃癌、早期大腸癌では粘膜下層切開剥離術を積極的に行っています。小腸疾患ではカプセル内視鏡、ダブルバルーン小腸内視鏡を行っています。

B型肝炎、C型肝炎は21世紀になり大幅に治療方針が変化してきました。B型肝炎は経口の抗ウイルス剤、インターフェロン治療を、年齢などを考慮に入れながら患者さんに適した治療法を提案させていただいています。平成25年12月から保険適応になったC型慢性肝炎に対する3剤療法(ペグインターフェロン+リバビリン+シメプレビル)は従来の治療より副作用が少なく、ウィルス排除率も80-90%とされています。また、平成26年9月からはインターフェロンを用いない内服薬により、入院治療なしにC型肝炎を排除される薬が使えるようになりました。これまで副作用で躊躇されていた方、肝機能が正常な方も、治療を検討してもよいと思われます。当科では肝臓専門医3名(うち指導医2名)が常勤していますのでご相談ください。また肝細胞癌に対しては放射線科と協力し血管造影による治療も積極的に行っています。

手術が必要な場合には、外科との連携を密にしてすみやかに転科できる体制をとっています。悪性腫瘍で内視鏡治療や手術が困難な場合は、患者さんの意思を尊重しつつ、化学療法や放射線治療あるいは痛みを和らげる緩和医療を行っています。

内視鏡検査は外科と協力し、上部消化管内視鏡検査は年間約4,500件、下部大腸内視鏡検査は約2,500件行っています(詳細は「内視鏡室」を参照)。

私達は患者さんの要望にできる限り近づけるように日々努力しています。「意見だけでも聞いてみたい」という方も気軽に来院される事を願っております。

診療実績
平成27年度外来統計
456789101112123
新患 300 301 347 330 281 331 392 336 339 320 347 342 3,966
再来 1,630 1,535 1,794 1,740 1,645 1,666 1,781 1,740 1,773 1,704 1,723 1,852 20,583
合計 1,930 1,836 2,141 2,070 1,926 1,997 2,173 2,076 2,112 2,024 2,070 2,194 24,549

平成27年度入院統計
456789101112123
入院 1,239 1,246 1,234 1,295 1,401 1,334 1,508 1,331 1,470 1,405 1,458 1,612 16,533

平成27年度入院疾患統計
入院疾患統計 平成23年度 平成24年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度
食道癌 34 51 40 37 50
胃癌 80 73 67 72 68
大腸癌 191 167 164 121 139
大腸ポリープ(検査入院を含む) 128 141 184 179 219
消化管出血 29 69 71 77 73
炎症性腸疾患 32 32 35 42 55
結腸憩室 39 45 28 40 46
結腸憩室出血 14 28 29 23 23
急性腹症(イレウス・急性腸炎含む) 178 206 196 205

214

肝癌 69 64 45 49 40
胆道癌 17 18 30 28 24
膵臓癌 36 28 49 37 49
他の悪性腫瘍 13 25 28 34 38
急性肝炎 52 26 27 22 25
慢性肝障害(肝硬変以外のアルコール性肝障害を含む) 22 40 52 52 52
肝硬変 13 21 21 27 23
肝膿瘍7 6 7 4 8
胆石・胆嚢炎(総胆管結石・胆管炎を含む) 109 116 142 131 122
急性膵炎 37 29 24 31 27
その他 260 283 251 238 234
合計(延入院患者数) 1,360 1,468 1,490 1,449 1,529
治療・検査別統計 平成23年度 平成24年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度
上部消化管内視鏡 4,211 4,208 4,488 4,970 5,336
下部消化管内視鏡 1,964 2,212 2,468 2,441 2,652
カプセル内視鏡 1 10 4 16 5
胃癌・食道癌 EMR または ESD 14 15 26 35 39
大腸 EMR/polypectomy *266 412 526 374 465
大腸癌 EMR/polypectomy *16 43 33 25 25
大腸 ESD 3 20 28 24 32
内視鏡的消化管止血術 70 98 78 96 81
内視鏡的食道ステント留置術 4 1 1 3 1
内視鏡的胃・十二指腸ステント留置術 4 3 1 2 0
内視鏡的大腸ステント留置術 3 2 1 0 1
食道静脈瘤結紮術
(緊急止血目的を除く)
44例 23例 45例 12例 17例
(46回) (40回) (47回) (29回) (29回)
ERCP 検査 111 123 140 134 194
内視鏡的乳頭切開術 (EST) 75 85 86 78 92
内視鏡的胆道ステント留置術 10 20 19 18 40
ヘリコバクター・ピロリ治療 281 299 658 694 674
インターフェロン治療 8 16 14 9 1
C型肝炎経口抗ウイルス療法 15 81

* : 人数

スタッフ紹介
山田俊夫

部長
山田 俊夫【やまだ としお】

出身校
昭和63年信州大学卒
資格

日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会関東支部評議員・専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本医師会認定産業医
医学博士

専門領域

消化管内視鏡治療
炎症性腸疾患
肝臓疾患治療

井利

医長
井利 雅信【いり まさのぶ】

出身校
昭和63年大阪医科大学卒
資格

日本消化器病学会専門医・指導医・関東支部評議員
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本肝臓学会専門医・指導医
日本超音波医学会専門医・指導医
日本胆道学会指導医
日本がん治療認定医機構認定医・暫定教育医・指導医
日本内科学会指導医
医学博士

専門領域

消化器内科学
超音波、超音波内視鏡、肝臓、消化器内視鏡

櫻井則男

医長
櫻井 則男【さくらい のりお】

出身校
平成2年山形大学卒
平成8年 東京大学大学院修了
資格

日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本肝臓学会専門医・指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本緩和医療学会暫定指導医・代議員
東東京緩和ケアネットワーク幹事

専門領域

消化器内科(主に肝臓)
緩和医療

金野朗

医長
金野 朗【こんの あきら】

出身校
平成7年順天堂大学卒
資格

日本内科学会認定内科医、指導医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本肝臓学会専門医
医学博士

専門領域

消化器内科全般
肝臓疾患治療

谷口源太郎

医員
谷口 源太郎【たにぐち げんたろう】

出身校
平成18年 富山大学医学部卒
資格

日本内科学会認定内科医

専門領域

消化器内科学

李世容

医員
李 世容【い せよん】

出身校
平成15年 カトリック大学医学部卒
平成27年順天堂大学大学院修了
資格

日本内科学会認定内科医
医学博士

専門領域

消化器内科全般

野村

医員
野村 亮介【のむら りょうすけ】

出身校
平成21年 金沢医科大学卒
平成27年 順天堂大学大学院修了
資格

日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本肝臓学会専門医
医学博士

専門領域

消化器一般

外来診療スケジュール表