呼吸器外科Respiratory Surgery

呼吸器外科

診療内容・特徴

呼吸器外科は、平成24年2月に発足した診療科で呼吸器内科の一部門として開設されました。平成29年4月より常勤医師が不在となり、外来診療のみの体制となっていましたが、平成31年1月より新たに常勤医師が着任しました。手術をはじめ、外来、病棟診療は、出身医局である日本医科大学・呼吸器外科からの全面支援を得て実施しています。

当科の特徴として、呼吸器内科と同一の病棟に入院患者さんが入院され、チーム医療を実践しています。毎日、呼吸器内科と合同で行われるカンファレンスおよび回診など密接な連携により、患者さんに最適な治療を実践できる体制が整っています。また、総合病院の特徴を生かし、各科との連携をはかり、様々な併存疾患を持つ患者さんの診療が可能となっています。

主な対象疾患は手術治療および外科的処置が必要な肺癌、転移性肺腫瘍、良性肺腫瘍、縦隔腫瘍、自然気胸、嚢胞性肺疾患などです。呼吸器外科領域における治療法も日進月歩であり、手術方法、麻酔管理、術後管理、化学療法など、一昔前と比べ格段の進歩がみられますが、いずれも、患者さんのQOL(Quality of Life・生活の質)を重視したものへ変遷しています。特に手術方法においては、新しいアプローチとして、1990年代に胸腔鏡下手術(Video Assisted Thoracic Surgery・VATS)が登場しました。当初、自然気胸などの良性疾患に限定的に導入されていましたが、現在、肺癌などの悪性疾患の手術においても導入されるようになり、有用性が高まっています。胸腔鏡下手術の導入により、従来の開胸手術に比べ、手術に伴う疼痛や呼吸機能の損失を軽減し、入院期間を短縮し、術後のQOLを向上させます。

当科の基本方針として、十分な説明のもと、患者さんの要望を踏まえた上で、外科学の基礎であるエビデンス(科学的根拠)に基づく適切な治療を行うことを重要視しています。また、安全性と根治性を追求した上で、低侵襲な胸腔鏡下手術の長所を生かし、患者さんの早期の社会復帰とQOLに配慮した治療を提供します。

診療受付について

  • 水曜日午前(川崎)、木曜日午前(臼田)のみとなっております。

診療対象疾患

  • 肺癌、転移性肺腫瘍、良性肺腫瘍、縦隔腫瘍、自然気胸、嚢胞性肺疾患 等
    手術治療および外科的処置を必要とする上記疾患を中心に取り扱っています。

診療実績

平成30年度外来統計

※横スクロールができます。
4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3
新患 4 2 5 3 3 5 4 2 3 3 5 11 50
再来 45 37 64 43 40 44 45 44 64 48 48 61 583
合計 49 39 69 46 43 49 49 46 67 51 53 72 633

スタッフ紹介

川﨑徳仁

医長

川﨑かわさき   徳仁のりひと
出身校 平成7年 東京医科大学卒業
出身医局 日本医科大学 呼吸器外科
資格 日本外科学会専門医
日本呼吸器外科学会呼吸器外科専門医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医・暫定教育医
肺がんCT検診認定機構肺がんCT検診認定医師
専門・研究分野 呼吸器外科学

臼田実男

医員(非常勤

臼田うすだ   実男じつお
出身校 平成5年 東京医科大学卒業
*現、日本医科大学 外科学(呼吸器)教授
出身医局 日本医科大学 呼吸器外科
資格 日本外科学会専門医・指導医
日本呼吸器外科学会専門医・評議員
日本呼吸器内視鏡学会専門医・指導医・評議員
日本レーザー医学会専門医・指導医・理事
日本臨床細学会細胞診専門医・評議員
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医・暫定教育医
国際光線力学学会(理事)
医学博士
専門・研究分野 呼吸器外科学
胸腔鏡下手術
レーザー内視鏡治療

医員(非常勤

園川そのかわ   卓海たくみ
出身校 平成27年 東邦大学医学部卒業
出身医局 日本医科大学 呼吸器外科
専門・研究分野 呼吸器外科学

教育活動・学会活動・研究業績

    施設認定

  • 外科専門医制度修練施設 (指定施設)
  • 呼吸器外科専門医合同委員会認定修練施設(関連施設)(H25年度より)
  • 日本医科大学・呼吸器外科 関連病院(H25年度より)
  • 所属学会

  • 日本外科学会、日本胸部外科学会、日本呼吸器外科学会、日本肺癌学会、日本呼吸器内視鏡学会 等

外来診療スケジュール表

※横スクロールができます。
 
午前     川﨑 徳仁 臼田 実男    
午後