形成外科Plastic and Reconstructive Surgery

形成外科

診療内容・特徴

形成外科は、体の表面とそれに近い部分の傷害に対し、形態的にはもちろんのこと機能面からも正常に近い状態に戻すことを治療目的としています。

当院は日本形成外科学会認定施設として登録され、形成外科学会専門医が治療にあたります。お気軽にご相談ください。

診療対象疾患

取り扱う疾患は、生まれつきの先天異常と後天異常に分けられます。

先天異常

  1. 口の異常や変形:口唇裂、口蓋裂など
  2. 耳の異常や変形:小耳症、埋没耳、折れ耳、副耳、耳たぶ耳ろう孔の異常など
  3. 眼の異常や変形:眼瞼下垂など
  4. 体の異常や変形:胸の凹みや出っ張り、副乳、臍ヘルニア、でべそなど
  5. 手足の異常や変形:多指(趾)症、合指(趾)症など
  6. 血管腫や母斑:赤あざ、黒あざ、茶あざなど

後天異常

  1. 外傷(けが):外傷による色々なキズは、出来る限り痕が目立たないように、また機能的にも良好な状態に治すことが理想です。鼻、頬、あごなど顔の骨折の治療も形成外科の分野です。
  2. 熱傷(やけど):局所の治療、手術を行います。
  3. 外傷、熱傷、手術後などに生じた瘢痕(キズ痕)や瘢痕拘縮(キズのひきつれ)、ケロイド(キズ痕などが赤く盛り上がり痛痒い)、変形の治療を行います。
  4. 腫瘍(できもの):皮膚表面の腫瘍や皮下の腫瘍、脂肪や筋肉などに生じる軟部腫瘍を手術により摘出します。
  5. 悪性腫瘍(上顎癌、乳癌など)手術後の組織欠損や変形、顔面神経麻痺などに対し色々な組織を移植して治療します。
  6. 褥瘡(床ずれ)や下腿潰瘍など治りにくいキズの治療を行います。
  7. その他:巻き爪・陥入爪のワイヤー治療、眼瞼下垂の手術、腋臭症(わきが)の手術も行っております。

乳房再建をお考えの方へ

当院で乳房再建をご検討中の皆様へ

当面の間、乳房再建におけるティッシューエキスパンダーおよびブレストインプラントの挿入を中止いたします。

この度、急遽FDA(アメリカ食品医薬品局)の指示により、アラガン社のテクスチャード(表面がざらざらの)エキスパンダーおよびインプラントが全世界的に自主回収され、日本でも該当する製品が使用できなくなることが、7月25日夕刻に日本形成外科学会および日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会のメールにより通達されました。
日本において健康保険で認可され使用されているインプラントの多くは、今回自主回収の対象となった製品です。これらの製品が使用できなくなったため、当面の間、当院での乳房再建におけるティッシューエキスパンダーおよびブレストインプラントの挿入を中止いたします。
乳房再建を希望されている患者さんには大変ご迷惑をおかけしますが、また新たな状況がわかりしだい対応するよう尽力いたしますので、何卒ご理解のほど、宜しくお願い申し上げます。

(参考)アラガン社からのレター

1) ナトレル製品をご使用の患者様とご家族の皆様へPDF

2) ブレスト・インプラント関連未分化大細胞型リンパ腫(BIA-ALCL) 患者様向けQ&A PDF

  
  

乳房再建について

以前は自家組織再建のみ保険適応でしたが、2013年よりシリコンインプラントを用いた乳房再建術が保険適応になり、より多くの患者さんが再建できるようになりました。当院は、オンコプラスティックサージャリー学会認定のインプラント/エキスパンダー実施施設で、一次再建(乳癌手術と同時に行う再建)、二次再建(乳癌手術後、期間をおいてから行う再建)共に保険で再建が可能です。
乳房再建の希望があるまたは話だけでも聞いてみたいと思われましたら、ぜひ一度形成外科にご相談ください。昔乳癌の手術を受けて改めて再建を希望される場合もぜひご相談ください。
乳房再建を希望される患者さんの理由としては、気兼ねなく温泉に入りたい、ジムで運動したい、好きなお洋服を着たいなど様々です。手術の術式、元々のお胸の形や体型によって、適した再建方法は異なってきます。趣味、ライフスタイル、ご希望についてご相談しながら、ご自身にとって最適な再建方法を一緒に考えていきましょう。

受診からの流れ

一次二期再建の場合(乳癌手術と同時にエキスパンダーという組織拡張器を挿入し、2回目の手術で再建する場合)

  1. 乳癌と診断:再建が必要または相談が必要な場合、乳腺外科から形成外科に紹介されます。その際、乳房再建についての冊子が配布され、形成外科外来までに読んできていただきます。
  2. 形成外科初診:冊子に沿って、乳房再建の流れを一通りご説明します。質問があればお答えします。疑問点が解決したところでお胸を拝見し、それぞれの再建方法についてどのような見通しになるかをお話しします。
  3. 形成外科受診から手術まで:前回の診察後に生じた疑問点についてお答えします。再建希望の場合、エキスパンダー挿入に必要な測定を行います。(乳癌手術まで期間が短い場合や、再建する意思が決まっている患者さんは初診時にエキスパンダー挿入のための測定を行い手術をむかえます。)
  4. 手術当日:形成外科外来で手術に必要なマーキングを行い、手術にむかいます。
  5. 術後から退院まで:乳腺科・形成外科で傷の具合を見ながら、おおよそ1週間で抜糸およびエキスパンダーの拡張を行います。乳腺外科の先生と相談しながら、傷の状態が安定したら退院となります。
  6. 退院から再建まで:エキスパンダーに生理食塩水を2−3週間に1回注入し、2−3ヶ月かけて拡張します。拡張して約半年後以降に再建を行います。

初回手術から再建までは十分に時間があるため、インプラントまたは自家組織など、どの再建方法にするかは乳癌を摘出した後ゆっくり考えていただいて大丈夫です。
乳房再建に関する健側や患側の自費治療に関しても、ご相談可能です。

専門外来

毎週木曜日(午後) レーザー外来 予約:要

スタッフ紹介

酒巻美保

医長

酒巻さかまき   美保みほ
出身校 平成14年 福井医科大学卒
平成25年 昭和大学大学院修了
出身医局 昭和大学形成外科
資格 日本形成外科学会専門医
日本形成外科学会皮膚腫瘍外科分野指導医
日本形成外科学会小児形成外科分野指導医
医学博士
専門・研究分野 形成外科一般、顔面外傷、皮膚腫瘍、小児形成外科、再建外科

伊藤奈央

医員

伊藤いとう   奈央なお
出身校 平成17年 信州大学医学部卒
平成25年 昭和大学大学院修了
出身医局 昭和大学形成外科
資格 日本形成外科学会認定専門医
日本形成外科学会皮膚腫瘍外科分野指導医
日本形成外科学会小児形成外科分野指導医
日本創傷外科学会専門医
臨床研修指導医
医学博士
専門・研究分野 乳房再建、創傷治療

辰田紗世

医員

辰田たつた   紗世さよ
出身校 平成25年 日本大学医学部卒
平成31年 昭和大学大学院修了
出身医局 昭和大学形成外科
資格 医学博士
専門・研究分野 形成外科一般

診療実績

平成30年度新患者数  800名

平成30年度入院患者数 104名

平成30年度総手術件数 797件

入院手術件数 合計177件
全身麻酔
121件
腰麻・伝達麻酔
2件
局所麻酔
54件
外来手術数 合計620件
局所麻酔・その他
620件

平成30年度手術統計

外傷
151件
先天異常
25件
腫瘍
453件
瘢痕・瘢痕拘縮・ケロイド
10件
難治性潰瘍
49件
炎症・変性疾患
27件
その他
19件
レーザー治療
63件

医療機関の皆さまへ

外傷等の緊急疾患にも迅速に対応できるように心がけておりますのでお問い合わせ下さい。

外来診療スケジュール表

※横スクロールができます。
 
午前 酒巻 美保 酒巻 美保 酒巻 美保 伊藤 奈央 辰田 紗世 辰田 紗世
(2週)
伊藤 奈央   辰田 紗世 辰田 紗世   伊藤 奈央
(4週)
午後 乳房再建
専門外来
    レーザー