HOME > 診療科紹介 > 循環器内科

診療科紹介

診療科目

循環器内科

外来診療スケジュール表
循環器内科の方針

東京臨海病院 循環器内科は、@救急医療の推進、A高度医療の提供、B地域連携の構築を目指して診療にあたっております。あらゆる心臓病に対応して治療を完結することを目標として取り組んでおります。

@救急医療の推進

24時間体制で急性心筋梗塞、急性心不全、重症不整脈などの救急疾患に対応しております。また、東京臨海病院は 東京都CCUネットワークicon に参加しております。CCUネットワークとは、都内で心臓病の救急治療を行っている病院が協力して救急患者さんを確実に受け入れることを目的としたシステムです。

A高度医療の提供

最新の検査機器を用いてあらゆる心臓病の診断を行い、専門医による質の高い医療を目指しています。冠動脈インターベンション、不整脈アプレーション治療などの特殊治療を行うことが可能です。必要に応じて心臓血管外科と連携して治療にあたります。

B地域連携の構築

地域医療については、病病連携、病診連携の一環として心臓病関連の研究会をおこなって地域医療機関との情報公開を行ってまいります。地域の病院・医師との相互理解を深めて、この地域の住民の方々へ効率のよい、質の高い医療を行うことを目指し努力してまいります。

東京都CCUネットワークicon
診療対象疾患

狭心症・心筋梗塞など冠動脈疾患の検査と治療(薬物治療および冠動脈インターベンション治療)、不整脈に対する検査と治療(薬物治療やカテーテルアブレーション治療)、ペースメーカー・植え込み型除細動器、心不全に対する再同期療法、心筋症や心臓弁膜症の検査と治療を行います。さまざまな心臓病が原因でおこる心不全に対しても検査・治療を行います。また、日常のなかで気になる血圧や脈の異常、生活習慣病に対しても診療と治療をおこないます。

診療実績
平成27年度外来統計
456789101112123
新患 70 100 103 99 82 112 126 83 91 97 78 111 1,152
再来 1,387 1,204 1,356 1,318 1,390 1,287 1,384 1,380 1,347 1,303 1,314 1,418 16,088
合計 1,457 1,304 1,459 1,417 1,472 1,399 1,510 1,463 1,438 1,400 1,392 1,529 17,240

平成27年度入院統計
456789101112123
入院 776 850 611 631 633 503 749 657 647 609 665 769 8,100

実績a
実績b
実績c
実績d
年度別検査件数
 平成23年度平成24年度 平成25年度 平成26年度

平成27年度

冠動脈CT61105185265 251
心筋シンチグラフィ148120116121 82
心エコー3,2523,3763,311 2,936

3,740

  
施設認定

日本循環器学会専門医研修認定施設

日本不整脈学会認定不整脈専門医研修施設

日本心血管インターベンション治療学会研修関連施設

  
冠動脈疾患(狭心症、心筋梗塞)の診断・治療

画像診断の進歩によって、外来にて低侵襲で循環器疾患の診断が可能です。

冠動脈CTにて冠動脈狭窄・閉塞の診断、心臓超音波検査・心臓MRIにて心筋症や心不全の診断、冠動脈狭窄を同定することも可能となってきています。当院では非侵襲的検査とくに冠動脈CTに心臓核医学検査にて心筋虚血の診断が可能です。

カテーテル治療を行う際は、冠動脈内イメージング機器を用いて、冠動脈プラークを観察して行います。近年、光干渉断層法(OCT)が使用可能となり、従来の血管内超音波検査(IVUS)の約10倍の解像度で冠動脈内を描出可能です。最新の機器にて高度な医療を提供することを目的として診療にあたっております。

冠動脈CT
循環器内科
循環器内科
  
冠動脈造影検査・カテーテルインターベンション治療
循環器内科

治療前

循環器内科

治療後

血管内超音波(IVUS)

循環器内科

光干渉断層法(OCT)

循環器内科循環器内科
  
不整脈の診断・治療

頻脈性不整脈(上室性頻拍、心房細動、心房粗動、心室頻拍など)に対するカテーテルアブレーション治療、徐脈性不整脈(房室ブロック、洞不全症候群)に対するペースメーカー治療、致死的不整脈に対する植込み型除細動器(ICD)、重症心不全に対する心室再同期療法(CRT)などの治療を行っております。

心房細動の最新治療、クライオアブレーション

当施設では頻脈性不整脈(発作性上室性頻拍、心房粗動、心房頻拍、心房細動、心室性頻拍)に対し、カテーテル手術による電気生理学的検査および心筋焼灼術(カテーテルアブレーション)を行っております。カテーテルアブレーションの成功率は不整脈の種類により異なりますが発作性上室性頻拍・通常型心房粗動では約90%、心臓に不整脈以外の異常のない患者さんに発生する心室頻拍、心室期外収縮、心房頻拍では80〜90%の成功率です。心房細動では、心房の大きさ、持続期間などによって差はありますが、60〜90%の成功率です。特に発作性心房細動の方であれば将来的に内服加療が不要となる根治を目指すことが可能です。
一般的なカテーテルアブレーションとは頻脈性不整脈の原因となる心筋に対して高周波(局所温度50〜60℃)で焼灼することにより、突然起こる動悸などの症状を取り除くことができる治療法です。
当院では2016年6月よりクライオアブレーションという心房細動の新しい治療方法が使用可能となりました。直径が28mmのバルーンを約-50℃に冷やし、肺静脈に入口部に押し当てて、肺静脈を隔離する方法です。人の組織はマイナス4度になると凍傷が起こり始めます。この方法では肺静脈入口部を一気にマイナス50度まで下げてバルーンに接触した心筋を瞬時に壊死させます。肺静脈を隔離するのに、従来の高周波アブレーション方法では1本当たり5分程度かかっていましたが、クライオアブレーションでは30秒で済んでしまいます。通常のアブレーション治療よりも短時間かつ合併症の発生率も少なく治療を行うことができます。
もし動悸や不整脈でお困りのことがあればどうぞ一度相談してみてください。

アブレーションa

クライオバルーンアブレーション

アブレーションb

高周波アブレーション

アブレーションc
スタッフ紹介
野本和幹

診療総部長兼部長
野本 和幹【のもと かずみき】

出身校
平成7年日本大学医学部卒業
出身医局

日本大学医学部内科学系循環器内科分野
駿河台日本大学病院循環器科

資格

日本循環器学会専門医
日本内科学会総合内科専門医、認定内科医、指導医
日本心血管インターベンション治療学会専門医・指導医

専門分野

循環器内科全般
特に冠動脈疾患、冠動脈カテーテルインターベンション治療

    
コメント

あらゆる循環器疾患に対応できるようにスタッフ一丸となってチーム医療を推進してまいります。今後は地域連携を積極的にすすめていきたいと考えておりますのでよろしくお願いいたします。

戸坂俊雅

医長
戸坂 俊雅【とさか としまさ】

出身校
平成3年東京医科歯科大学医学部卒業
出身医局

東京医科歯科大学第一内科
Georgetown University Medical Center ( Washington DC.USA )
埼玉医科大学心臓内科

資格

日本循環器学会 循環器専門医
日本不整脈学会・心電学会 不整脈専門医
日本内科学会認定医、総合内科専門医
日本不整脈学会埋込型除細動器/ペーシングによる心不全治療研修修了
日本医師会認定産業医、臨床研修指導医、医学博士

専門分野

循環器内科 特に不整脈
カテーテルアブレーション(頻脈性不整脈に対するカテーテル根治療法)
ペースメーカー治療、埋込型除細動器治療、心臓突然死、心臓性失神

    
コメント

循環器疾患、特に不整脈を通して、地域医療に貢献して参ります。心電図異常、動悸、原因不明の失神など、お気軽に相談、ご紹介ください。外来は月曜午前中にしております。

石田一馬

医員
石田 一馬【いしだ かずま】

出身校
平成16年日本大学医学部卒業
出身医局

日本大学医学部内科学講座循環器内科部門

専門分野

循環器内科

    
中村泰崇

医員
中村 泰崇【なかむら やすたか】

出身校
平成16年日本大学医学部卒業
出身医局

日本大学医学部内科学講座循環器内科部門

資格

日本内科学会認定内科医

専門分野

循環器内科

    
園田和正

医員
園田 和正【そのだ かずまさ】

出身校
平成19年日本大学医学部卒業
出身医局

日本大学医学部内科学系 循環器内科学分野

専門分野

不整脈
循環器内科一般

    
嶋田貴之

医員
嶋田 貴之【しまだ たかゆき】

出身校
平成22年日本医科大学卒業
出身医局

日本大学医学部付属板橋病院 循環器内科学

資格

日本内科学会認定内科医

専門分野

循環器内科一般
冠動脈カテーテルインターベンション治療

    
外来診療スケジュール表