緩和ケアチームPalliative Care Team

緩和ケアチーム

診療内容・特徴

緩和ケアチームは、病気の治療過程を通して出現する身体や心の苦痛を和らげる支援をいたします。また、患者さん・ご家族の生活の質(Quality of Life)の向上につとめます。

麻酔科医師、精神科医師、緩和ケア認定看護師、がん看護専門看護師、薬剤師、臨床心理士、医療ソーシャルワーカーが、専門的知識・技術を活かし、主治医・担当看護師と協力して、患者さん・ご家族のケアにあたります。

活動紹介

緩和ケアチームによる診療と、毎週の症例検討会及び回診を行います。主治医や病棟看護師からの依頼で、緩和ケアチームが介入し、より良い緩和医療が提供できるようつとめます。また、毎月定期的に院内勉強会を開催し、職員への教育・啓発を行っています。

チームへの依頼方法

緩和ケアチームについてお聞きになりたい場合は、直接主治医・病棟看護師にご相談ください。

相談例としては、

  • がんによる身体の痛みがうまくコントロールできていない
  • 医療用麻薬を使うことに不安、心配がある
  • 病状の説明を受けた後に混乱しているので誰かと話したい
  • 緩和ケアや緩和ケアチームについて知りたい
  • 在宅緩和ケアや緩和ケア病棟について知りたい、紹介して欲しい 等々

その他

現在、当院には緩和ケア病棟がありません。院外の施設に通院中の方は医療福祉相談室にお問い合わせください。

緩和ケアチーム

カンファレンス
カンファレンス

緩和ケアに関する定例勉強会

当院では、緩和ケアの質の向上・スムーズな地域連携を目的に、院内外の医療従事者を対象に勉強会を開催しております。医療従事者はどなたでもご参加頂けますので、興味のある方は気軽にお越しください。

*第3水曜日 17:15~17:45 大会議室 (5月のみ第4水曜日)