HOME > 部門紹介 > 外来化学療法室

部門紹介

診療チーム

外来化学療法室

診療内容・特徴
ICT回診

がん患者さんに対する治療法は手術、放射線、抗ガン剤など様々なものがありますが、それらの治療を組み合わせて行う治療、集学的治療を行うことが求められています。抗ガン剤による治療は化学療法といわれ、近年、新薬がどんどん誕生し、その治療のスケジュールも副作用の対策も進化しています。以前は入院で行っていた化学療法も、副作用を抑え、入院しないでも外来通院で安全に抗ガン剤治療が行えるように変わってきています、そのような外来で化学療法を行う患者様のために、当院では、外来化学療法室を設けております。患者様の治療スケジュールにより異なりますが、積極的に外来で行う通院での化学療法を行っております。東京臨海病院では多くの科でがんの治療を行っており、化学療法が必要な患者さん大勢いらっしゃいます。外来化学療法室では、患者様のニーズにお応えできるように、安全で快適な環境で外来治療が受けられるように努力しております。

外来化学療法室の概要

東京臨海病院ではできるだけ患者さんに快適に過ごしていただくために、リクライニングチェアを2台、ベッドを2台用意してテレビ放送を楽しみながら化学療法を受けられるようになっています。化学療法専任薬剤師が医師の指示のもと調剤を行い、化学療法室には専任の看護師が常に治療状況を観察していますので、安心して化学療法を受けることができます。

外来化学療法は相談して選択します

化学療法はがんの種類によっても異なり、一つのがんに対してもいくつかの治療方法があります。副作用が強くて続けられない、治療スケジュールが仕事や生活とあわないなど、治療に問題や、疑問がございましたら、担当医師、または薬剤師や看護師にご相談ください。

患者様のすべての方が、より良い治療が行えて、より良い治療効果が引き出せますようスタッフ一同努力しております。