脊椎脊髄・人工関節センター

脊椎脊髄・人工関節センター

診療内容

当センターでは、脊椎脊髄外科専門医2名と人工関節専門医1名の「医師」に加え、脊椎外科や人工関節手術に精通した「看護師」および脊椎手術においては術中の神経麻痺のリスクを事前に防ぐための神経モニタリングを行う「臨床検査技師」などの専門スタッフによる医療体制で治療に当たっています。脊髄領域の疾患については、当院の脳神経外科とも連携して治療を行っています。
また、より早い社会復帰を目指して、術後早期より理学療法士、作業療法士によるリハビリを開始しています。

photo1
photo3
O-armナビゲーションシステム

当センターの特徴

  • ① 低侵襲手術の導入
  • ② 難易度の高い疾患への対応
  • ③ 高度な医療機器による治療
  • ④ 先進的な医療
  • ⑤ 安全な医療

① 低侵襲手術の導入

当センターでは、安全が担保されていれば可能な限り低侵襲な手術を心がけています。 脊椎手術においては、内視鏡を用いた椎間板ヘルニア摘出術を行っており約8mmの皮膚切開で治療が行えます。また、脊椎固定術では側方進入椎体間固定(LLIF)を採用しています。これは、認定を受けた医師のみが行える手技で全国でも限られた医療機関でしか行えません。この手術は、脇腹の切開から椎体にアプローチすることで出血を有意に少なくでき、手術侵襲を最小限にすることが可能です。
また、人工股関節置換術では特殊な手術台を使用する事で、低侵襲な前方アプローチによる手術を積極的に採用しています。この手技は、股関節周囲の筋肉を温存できることで術後の疼痛も少なく回復が早くなるメリットがあります。

photo4
photo5

② 難易度の高い疾患への対応

後側弯症や首下がりなどの脊柱変形の矯正手術にも対応しています。後側弯症による頑固な腰痛に悩んでいる方、立位保持や歩行が困難な方、首下がりによる前方注視困難な方の手術も行っています。

photo4①
photo4②

③ 高度な医療機器による治療

脊椎手術では、精度の高い手術を要します。当センターでは、精度の高い手術をより安全に行うために「ナビゲーションシステム」を導入しています。これは、手術中に背骨の形や術野の正確な位置を画面で確認しながら手術を行うシステムです。特に変形した椎体へのスクリュー刺入や頸椎へのスクリュー刺入時に有効なシステムです。

④ 先進的な医療

当院では、頚椎椎間板ヘルニアなどに対する「頸椎人工椎間板置換術」や腰椎椎間板ヘルニアに対する「椎間板内酵素注入療法(コンドリアーゼ)」や椎体骨折に対する「経皮的椎体形成術(BKP)」を行っています。
また、股関節手術では、症例に応じてdual mobility cupを使用して術後の脱臼低減を行っています。

⑤ 安全な医療

当院では、脊椎手術の際には術中神経モニタリングを使用しています。このシステムは定期的に脊髄を電気刺激し神経に無理な負荷がかかっていないかを術中に感知するもので手術による麻痺を可能な限り未然に防ぐためのシステムです。

photo6
photo7

担当医師

※横スクロールができます。
医師名 診療科 資格
中原なかはら 大志だいし センター長
整形外科
脊椎脊髄外科指導医
脊椎脊髄外科専門医
櫻本さくらもと 浩司ひろし 整形外科 脊椎脊髄外科指導医
脊椎脊髄外科専門医
松本まつもと 幹生みきお 整形外科 人工関節認定医
 
神田かんだ まさる 脳神経外科 脳神経外科専門医
 
藤井ふじい 本晴もとはる 脳神経外科 脳神経外科専門医
日本脊髄外科学会専門医
町田まちだ ゆたか 脳神経内科 日本神経学会専門医・指導医
 
三沢みさわ 司保子しほこ 脳神経内科 日本神経学会専門医
 
布村ぬのむら ひかり 脳神経内科 日本神経学会専門医
 

診療実績

2021年手術実績(2021年1月~12月)

脊椎外科
(167件)
頸椎 前方固定術 9件
椎弓形成術 11件
後方除圧固定術 7件
人工椎間板 3件
胸腰椎 後方除圧固定 29件
側方進入椎体間固定 18件
椎間板ヘルニア 33件
椎弓切除 29件
脊柱変形矯正 9件
椎体形成 11件
脊髄腫瘍 5件
椎間板内酵素注入療法 3件
関節外科
(88件)
股関節 人工股関節全置換術 46件
膝関節 人工膝関節全置換術 27件
前十字靭帯再建 8件
半月板手術 7件

外来診療スケジュール表

※横スクロールができます。
 
午前 松本 幹生
(股関節)
中原 大志
(脊椎)
櫻本 浩司
(脊椎)
  中原 大志
(脊椎)
 
  松本 幹生
(股関節)
    櫻本 浩司
(脊椎)