HOME > 健康医学センター

健康医学センター

人間ドック・定期健康診断/特定健診

総合健診のご案内 健康医学センターの特徴 コースのご案内
利用料金 健診手順 お申し込み方法
健康医学センターのお知らせ
1泊2日人間ドック終了のお知らせ

諸事情により、平成14年の開院以来行ってまいりました1泊2日人間ドックを、平成29年3月末日で終了とさせていただきます。

受診者さまには、永きにわたりご利用いただき誠に有り難うございました。深く御礼申し上げます。

なお、日帰り人間ドックは従来とおり行っておりますので、引き続きご利用のほど宜しくお願い致します。

新オプション検査のお知らせ

人間ドックのオプション検査を下記のとおり新しく実施いたします。

                                                                                                         
開始月オプション検査
平成28年10月より心臓機能検査(血液検査)
平成28年11月より甲状腺機能検査(血液検査)
骨代謝マーカー(血液検査)
ヒトパピローマウィルス検査(HPV)
アレルギー検査(血液検査)
脳梗塞リスクマーカー(血液検査)
平成29年3月より睡眠時無呼吸簡易検査(SAS)
総合健診のご案内
健康医学センター バリウム

21世紀は予防医療の時代です。自分の健康を自分で管理することは時代の要請であり、「健康日本21」が推進されています。

生活習慣病から最近導入された概念である内臓脂肪症候群(メタボリックシンドローム)の予防(一次予防)、そして様々な病気の早期発見(二次予防)を目的とした人間ドック・健康診断の必要性が、今や国民運動となって来ました。

東京臨海病院 健康医学センターでは、「より快適に、よりスピーディーに、より正確に」をモットーに、ゆったりとした空間で最新の設備と専門医による総合健診を行い、皆さまの健康をサポートしたいと願っております。

当センターの電子化された健診システムと東京臨海病院の採用している電子カルテシステムが連動していますので、お一人お一人の一生に渡る大切な検査データを共有し、必要ならば病院での適切な医療を迅速に受けることができます。

健康医学センターの特徴
病院の電子カルテと連動した健診システム

当センターではコンピューターによる健診システムを採用しています。それにより検査画像や健診結果の経年変化を確認しやすく、疾患や異常所見の発見に活用することができます。また、隣接する東京臨海病院の電子カルテと当センターのシステムは連動しているため、健診後、東京臨海病院で診察を受ける際も健診データ等を利用し、適切な医療を受けることができます。

健診専用施設

病院の患者さんと接することなく、ゆっくりと快適に受診できます。

検査によっては一部病院施設を利用します。
健康医学センター
健康医学センター
コースのご案内
・日帰り人間ドック

忙しい方の為に、1日で効率良く、充実した検査を受けていただくコースです。

・脳ドックA

脳神経専門の医師による、脳梗塞、脳動脈瘤、脳腫瘍、脳の加齢変化などの発見のためのコースです。他のオプション検査はつけられません。

・定期健康診断A  平日午後実施

身体計測・血圧・視力・尿検査・胸部レントゲン・問診

色覚検査・聴力検査が必要な場合はお申し出ください。
・定期健康診断B  平日午後実施

身体計測(腹囲を含む)・血圧・視力・尿検査・胸部レントゲン・血液検査・心電図・聴力検査・問診

・雇用時健康診断  平日午後実施

雇用時健康診断 労働安全衛生規則第43条に基づいた雇用時に行う検査です。

・婦人科検診(子宮がん検診・乳がん検診)
(子宮がん検診)
内診・子宮頚部細胞診(体部細胞診)検査の他に、経腟超音波検査を実施します。これにより、自覚症状の出にくい子宮及び卵巣の病変の画像診断が可能となり、より精度の高い検査を行うことができます。

当センターの婦人科検診は、これまで人間ドックのオプション検査として実施しておりましたが、人間ドックを受診しなくても単独で子宮がん検診を受診できるようになりました。

受診を希望される場合は、当健康医学センターへご連絡ください。なお、受診枠に限りがありますのでご了承ください。(単独の場合の料金は、オプション検査料金とは異なります)

(乳がん検診)
当センターではマンモグラフィー検査(乳房X線撮影)と乳房超音波検査を併用しております。それぞれの検査の特徴を生かすことで、早期がんの発見率がより高くなります。なお、検査は認定資格を持った女性技師が担当いたします。