採用希望の方

後期臨床研修医

内科専攻医二次募集

東京臨海病院 内科専門研修プログラムPDF

研修期間 2019年4月1日~2022年3月31日(3年間)
募集資格 初期臨床研修修了者及び修了見込みの者
採用人数 3名(残り2名)
選考方法 書類審査、面接試験
試験日程 2019年1月22日~2月6日、応募者個別に日時を設定します。
身分 職員に準じて待遇する
備考 日本専門医機構二次募集期間:2018年12月22日~2019年1月21日まで
採用確認・調整機関:2019年1月22日~2019年2月26日 12:00
二次採用一斉通知日時:2019年2月21日 12:00
連絡先 〒134-0086
東京都江戸川区臨海町1-4-2
東京臨海病院 総務課 蓑田・小宮
電話 03(5605)8811(代表)
メールでのお問い合わせも受け付けております。
病院見学のお申し込みの場合は、希望診療科、希望日時等もご記載ください。
Eメール:soumu@tokyorinkai.jp

外科

はじめに:

当科は、日本外科学会外科専門医制度修練施設、日本消化器外科学会専門医修練施設、日本乳癌学会関連施設であり、3年間の臨床研修終了後に外科専門医試験を受験できることを目標にしております。また、外科だけでは不足する経験症例に関しては、心臓血管外科、呼吸器外科で研修を行えるように配慮しております。

また、がん診療は外科診療にとって中心的な位置を占めており。がん診療に関連のある放射線科、病理診断科、緩和ケア内科に、それぞれ1ヶ月の研修が行えるようにしております。

カリキュラム:

3年間を通してのカリキュラムを設定していて、2年半は、消化器および外科疾患の検査・診断とその治療についての研修を行います。手術に関しては、難易度の低いものから開始し、個人の熟練度に応じて難易度の高い手術を行っています。

カリキュラム期間の3年間のうちで6ヶ月間は外科以外の科を選択できるようにしています。そのうち3ヶ月間は、放射線科、病理診断科、緩和ケア内科の研修を、残りの3ヶ月は、院外を含めた他科の研修ができるようにしています。

実際には:

当科の後期研修医であったA医師は、指導医のもと、3年間で全体として645症例の手術に携わり、その内365例の手術を術者として経験しました。(胃癌 27例、結腸癌 50例、直腸癌 14例、腹腔鏡下胆摘 48例、開腹胆摘 13例、乳癌 9例、鼠径ヘルニア 88例、虫垂炎手術 69例、肛門疾患手術 7例など)。また助手としても、さらに多くの手術を経験し、同時に学会発表も積極的に行い、学会誌に症例報告も掲載されました。3年間の後期研修修了後には、外科専門医試験を受験し、外科専門医を取得しております。

当院で後期研修医としての研修に興味のある方は、ぜひ病院見学に来ていただけたら良さがわかると思います。ご連絡をお待ちしております。

応募条件 初期臨床研修修了あるいは修了予定の者
募集人数 数名
身分 職員に準じて待遇する
研修期間 3~4年
施設認定 当院を専門医(認定医)の教育施設として認定している学会
  • 日本外科学会
連絡先 〒134-0086
東京都江戸川区臨海町1-4-2
東京臨海病院 総務課 蓑田・小宮
電話 03(5605)8811(代表)
備考 メールでのお問い合わせも受け付けております。
病院見学のお申し込みの場合は、希望診療科、希望日時等もご記載ください。
Eメール:soumu@tokyorinkai.jp

泌尿器科

当科は、日本泌尿器科学会泌尿器科専門医研修施設として登録別サイトへ移動しますされ、3年間の充実した臨床研修終了後、学会専門医認定試験受験資格を取得することができます。合格すると、学会より専門医の資格が与えられます。

また、当科にて診療業務を行いながら、日本大学大学院別サイトへ移動しますに社会人入学し、4年間で医学博士を取得することも可能です。

photo
研修記録簿