看護部長ご挨拶

看護部長ご挨拶

高草木看護部長 高草木 伸子 当院は、職域病院であるとともに、急性期医療の中核病院としての役割を担っており、地域包括ケア体制における医療の拠点病院として、地域医療の充実と向上に取り組んでいます。 看護部では、病院の理念に基づき、「思いやりのある看護」を理念に掲げています。 シンプルな言葉ですが、これこそ私たち東京臨海病院ナーシングの基盤をなすものであり、誇りとしているものです。 常に「安全、安心、安定」を基本とし、患者さんがその人らしく入院生活が送れるよう安全で心地よい環境の提供、最新の知識と確かな技術で安定した看護の提供に努めています。そして、私たちは患者さんの尊厳および権利を尊重し、患者さんの気持ちを自分のことのように感じる心を最も大切にしています。看護師だからできること、看護師だからしなければならない看護を「思いやり」のある心をもって提供します。 看護は専門性の高い知識・技術に加えて、主体性や豊かな人間性が求められる職業です。そのため新人教育はもちろん、新人を支えるプリセプターと実践指導者の育成、プライマリナースやリーダー、管理者の育成などクリニカルラダーに基づいた種々のプログラムを用意し、自分を振り返りながらキャリアを発展させていくための研修を行っています。看護への強い気持ちと向上心を持つ人なら誰でもがやりがいと成長を実感できる環境があり、私たちが全面的にサポートします。