教育体制

教育体制

1.教育理念

病院・看護部の理念に基づき、専門職業人として自律し、安全で質の高い看護を提供できる看護師を育成する

2.教育方針

  1. 急性期医療に対応できる看護のジェネラリストを育成する
  2. 相手を思いやり尊重した看護を提供できる看護師(感じる心、考える力、関わる技を身につける)を育成する
  3. 集合教育と職場教育を連動させて、個人の成長を支援する

3.教育目標

  1. 患者・家族が発信する意図にいち早く気づき、個別性のある看護が実践できる
  2. 患者・家族および医療チームに対し、倫理綱領に基づいた行動ができる
  3. チーム医療の一員として看護職の専門性を発揮し協働できる
  4. マニュアルや看護基準・手順を遵守し、安全な医療・看護を提供できる
  5. 専門職業人として互いに刺激し学び合うことができる

クリニカルラダー

クリニカルラダーの図

クリニカルラダー・システムは、看護のスキルを段階的に習得し、一段一段はしご(ラダー)を登るように計画的にキャリアアップをめざす教育システムです。

所属看護単位の師長との面接によりラダー評価を受け、個々の課題を明確にしながら学習を継続的に行うことができます。

将来の目標に向かって、一人ひとりが着実に成長できるよう支援します。

育てたい看護師

感じる心 考える力 関わる技

看護体制

固定チームナーシング・継続受持ち制を基本にしています。

チーム内の看護師は、ベテラン看護師から新人看護師まで均等に配置するため、看護師個人の不足している能力をチームで補うことができ、どの患者さんにも同じ質の看護を提供可能です。また、病棟の特性に合わせパートナーが補完し合いながら、より安全で効率的な看護ケアの提供ができるようパートナーシップナーシングシステムを一部の看護単位で導入しています。

看護体制の図
看護体制の図