HOME > 診療科紹介 > 心臓血管外科

診療科紹介

診療科目

心臓血管外科

外来診療スケジュール表
診療内容・特徴

心臓血管外科(胸部外科)は、体全体に血液を送るポンプの役割を持つ心臓とその心臓から送り出された血液を全身に運ぶ管の役割を持つ血管を手術によって治療する科です。当科の最大の特徴は心臓救急の受け入れ体制が整っていることです。心臓の病気は緊急に処置をしないと、急激に状態が悪化する場合があります。そこで当科は循環器内科と協力し、24時間、365日救急隊搬送による心臓血管救急を受け入れています。(東京都CCUネットワークに所属しています。)

・心臓の病気
では心臓の病気とはどんな病気でしょうか。我々が手術を行う心臓病には大きく分けて2種類あります。ひとつは心筋梗塞、狭心症に代表される冠動脈疾患です。これは日本人に最近増えてきた動脈硬化により、心臓の血管が詰まり心臓が動かなくなる病気で、多くは胸の痛みを伴い救急車で搬送されます。症例により内科的治療を行う場合もありますが、外科的治療としては冠動脈バイパス手術(オフポンプ・オンポンプとも可)を受けていただく事になります。
もう一種類は心臓のポンプ機能を維持するために必要な逆流防止弁が上手く働かなくなる心臓弁膜症です。「このごろ階段を登ると苦しくなってしまう」などの症状で発症します。この病気には弁形成術、弁置換術(生体弁・機械弁とも使用)と呼ばれる手術を行うことになります。
・血管の病気
つぎに血管(主に動脈)の分野ですが、大きく分けて4種類の病気があります。心臓と同様血管が狭くなり詰まってしまう閉塞性動脈硬化症、血管が拡張し太くなってしまう動脈瘤、血管の壁が裂けていってしまう動脈解離、血液の固まりなどが手足の血管を詰まらせてしまう血栓塞栓症です。 これらの疾患は、悪いところを切除し人工血管でその場所を置換する人工血管置換術、ステントと呼ばれる器具を使用し治療する血管形成術、などで治療を行います。これらの疾患の中でも近年増加しているのが急性大動脈解離(解離性大動脈瘤)と呼ばれる病気です。これは動脈の壁に亀裂が入り、それが急激に進行する病気です。激烈な胸背部痛などで発症します。この亀裂が心臓の方向に進んで行くと危険なため緊急手術の対象となります。

このほか、静脈瘤、深部静脈血栓症などの静脈疾患、また胸部外科としては、自然気胸などの気腫性肺疾患の治療も行っております。
・術後の社会復帰に対する当科の取り組み
いくら手術が上手く行ったからといって、寝たきりになってしまってはしかたありません。当科では患者さんが早期に社会復帰していただけるよう リハビリテーションの体制を整えています。さらに、闘病、社会復帰に関わる諸問題には、当院医療福祉相談室のソーシャルワーカーが皆さんのサポートをいたしております。

・施設認定
血管内レーザー焼灼術実施・管理委員会認定下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術実施施設
日本ステントグラフト実施基準管理委員会認定腹部大動脈瘤ステントグラフト実施施設
日本ステントグラフト実施基準管理委員会認定胸部大動脈瘤ステントグラフト実施施設
診療対象疾患

心筋梗塞、狭心症、急性冠症候群などの冠動脈疾患
大動脈弁狭窄症、大動脈弁閉鎖不全症などの大動脈弁疾患
僧帽弁狭窄症、僧帽弁閉鎖不全症、三尖弁閉鎖不全症などの房室弁膜症
心房中隔欠損症、心室中隔欠損などの先天性心疾患
急性大動脈解離、解離性大動脈瘤などの動脈解離
胸部大動脈瘤、胸腹部大動脈瘤、腹部大動脈瘤などの動脈瘤
閉塞性動脈硬化症、急性動脈閉塞、慢性動脈閉塞などの閉塞性動脈疾患
深部静脈血栓症、静脈瘤などの静脈疾患
自然気胸などの気腫性肺疾患

診療実績
平成27年度外来統計
456789101112123
新患 22 26 25 27 18 25 33 26 25 18 23 29 297
再来 500 587 526 678 453 575 609 515 587 580 583 607 6,800
合計 522 613 551 705 471 600 642 541 612 598 606 636 7,097

平成27年度入院統計
456789101112123
入院 307 359 372 425 351 340 444 500 423 335 435 449 4,740

平成27年度手術統計

年間手術件数 220件

 

○冠動脈バイパス…………………………………………………………………………11例
  平均バイパス本数……………………………………………………………………2.8本
    全て動脈グラフト使用、8割が動脈グラフトのみ使用)
○弁膜症手術…………………………………………………………………………………8例
  (内訳) 僧帽弁形成術、大動脈弁置換術(高齢者の手術を含む)、三尖弁形成術
その他複合手術 など
○胸部大動脈瘤の手術………………………………………………………………………11例
  (内訳)上行大動脈瘤,弓部大動脈瘤,弓部〜下行大動脈瘤        
○心臓腫瘍摘出術……………………………………………………………………………3例
○腹部大動脈瘤に対する手術……………………………………………………………20例
  (内訳)人工血管置換術……………………………………………………………10例
      ステント治療………………………………………………………………10例
○閉塞性動脈硬化症に対する手術、カテーテル………………………………………63例
  (内訳)バイパス手術等……………………………………………………………10例
      カテーテルによる血管内治療……………………………………………53例
○頸動脈狭窄症に対する治療………………………………………………………………7例
  (内訳) 手術…………………………………………………………………………5例
       血管内治療…………………………………………………………………2例
○深部静脈血栓症に対する治療…………………………………………………………36例
  (下大静脈フィルター留置、血栓溶解術など)
○下肢静脈瘤に対する治療………………………………………………………………53例
  (内訳)レーザー治療………………………………………………………………40例
      ストリッピングなど………………………………………………………13例

○その他(末梢動脈の動脈瘤,仮性動脈瘤など)………………………………………8例

スタッフ紹介
山本知則

部長
山本 知則【やまもと とものり】

出身校
昭和59年日本大学卒
昭和63年日本大学大学院修了
専門領域

心臓血管外科(胸部外科)一般

井上龍也

医長
井上 龍也【いのうえ たつや】

出身校
昭和63年日本大学卒
平成 6年日本大学大学院修了
専門領域

心臓血管外科(胸部外科)一般

尾花正裕

医長
尾花 正裕【おばな まさひろ】

出身校
平成 7年日本大学卒
専門領域

心臓血管外科(胸部外科)一般

林祐樹

医員
林 佑樹【はやし ゆうき】

出身校
平成25年日本大学卒
専門領域

心臓血管外科一般

外来診療スケジュール表